GLOBAL HEALTH CONCULTING

手術室カイゼン

急性期病院の命綱、効率化の秘策を伝授

こんな悩み、ありませんか?

  • いつも忙しくて緊急手術に対応できず、予定手術も入れられない

  • 時間外の手術が多くて残業代などのコストがかさむ

  • 関係者の誰もが頑張っていて、問題点がどこにあるか分からない

サービスの特徴

  • (1)手術部門を上流に置いたリデザイン
  • (2)院内の意見を吸い上げつつ、向かうべき方向を指し示すヒアリング
  • (3)最善の選択肢提示と緻密なシミュレーションによる決定支援

「手術室カイゼン」とは

◆プログラム背景
病院を取り巻く環境が厳しさを増す中、急性期病院が急性期病院らしく生き残っていくには、その心臓部とも言える手術部をいかに安全かつ効率的に運営できるかが重要なカギになります。

◆プログラムの目的
手術部を改善するためにまず必要なのは、現状を客観的に把握すること。グローバルヘルスコンサルティングでは、手術部の運営データを分析するとともに、経験豊富な手術部エキスパートが実地・ヒアリング調査を行います。手術部の現状を正確に把握した後、実際に手術部の効率を向上するための実践的なコンサルティングも提供します。

サービス提供の対象

・コアメンバー/経営幹部 麻酔科 手術室看護師 手術室スタッフ
・サブメンバー/各部門長等
・窓口担当/企画・医事部門

サービス導入の流れ

【第一段階】
現状を把握し、問題点を明確化

【第2段階】
目標を設定し改善を実行

【第3段階】
改善を一時的なものに終らせないために、質と効率をモニターし、常に把握できる手術部管理システムを構築

サービスのスケジュール

プロジェクトⅠの場合

期間:3ヶ月
●月:他病院の事例の紹介によるキックオフ
●月:データ検証・収集
●+1月:第1回分析報告(幹部対象)
●+2月:第2回分析報告
     (手術部スタッフ対象)

プロジェクトⅡの場合

期間:6ヶ月
●月:他病院の事例の紹介によるキックオフ
●月:データ検証・収集
●+1月:手術部実地調査・ヒアリング
●+3月:手術部実地調査・
ヒアリング報告+提案
●+3月:第1回分析報告(幹部対象)
●+4月:第2回分析報告
  (全スタッフ対象)
●+5月:統括・再評価

改善事例

事例1◆年間手術件数(4000件の病院) 午前中の手術件数を増やすことができ、最初の1年間で件数250件増加。同時に午後5時以降の手術室の稼働を減らすことで残業代も削減できた。

必要なデータ

このサービスを提供するには、手術室台帳データを提出していただく必要があります。

導入費用

定量分析(Phase1):200万円~
実行支援(Phase2):400万円~

お問い合わせ

電話にてお問い合わせるTEL03-6380-2401受付時間:9:00〜17:00(土・日祝のぞく)info@ghc-j.com

関連サービス紹介

入院サポートセンター開設支援

メディア掲載

メディア掲載

2015年6月11日、病院大再編時代の病院経営者に向けた新刊を、GHCが緊急出版しました(購入はこちら)。 団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年に向けて、地域医療構想、地域包括ケア…詳細はこちら

メディア掲載

4月13日発売の「週刊ダイヤモンド」の巻頭特集「がん最前線―変貌するがん三大療法(薬、手術、放射線)」で、GHCの分析が掲載されました(関連記事はこちら)。手術の最前線をレポートしたパートの中で、GH…詳細はこちら

関連イベント

学会等

第19回医療マネジメント学会 ランチョンセミナー4 2018 年度同時改定に備える戦略的病院経営、 深く示唆に富む本当のデータ分析とは 【テーマ】 2018 年度同時改定に備える戦略的病…詳細はこちら

学会等

第67回 日本病院学会 ランチョンセミナー 2018年度同時改定に備える戦略的病院経営、 深く示唆に富む本当のデータ分析とは 【テーマ】 2018年度同時改定に備える戦略的病院経営、深く…詳細はこちら

お問い合わせ先

お問い合わせ時間
9:00~17:00(土日祝除く)
Tel.03-6380-2401