コンサルタント紹介

コンサルティング部門、マネジャー

本橋 大樹 

医療データサイエンティストの育成や病床機能分化の策定、医療材料や委託コストの削減などコスト削減ソリューション全般を得意とする。多数の医療機関のコンサルティングを行うほか、GHCのアドミニストレーション部門の責任者を務めるほか、若手コンサルタントの育成にも従事している。

経歴

米国ウィスコンシン大学経済学部卒業
外資系医療機器会社、医療系コンサルティング会社を経て、GHC入社

取り組み事例

岐阜県総合医療センター:経営分析トレーニング
 (関連記事『院内にプロ級の経営コンサルタント、分析チーム立ち上げ成功の条件』)
名古屋第二赤十字病院:材料コスト削減
 (関連記事『診療材料費の適正化で年間8000万円超のコスト削減』)
津島市民病院:委託コスト削減
 (関連記事『地域で実りある医療を提供 頼られる病院になることが一番』)
足利赤十字病院:診療科パスアセスメント、材料コスト削減、委託コスト削減、手術室効率性カイゼン、集患・地域連携
 (関連記事『経営改善の実現は新たな試みと 悪習慣の撲滅を徹底する覚悟を持つべき』)
岩手県立中央病院:経営分析トレーニング
 (関連記事『岩手県中央病院、累損57億円からの大改革―「医療・経営の質」高めたデータ分析』)

【メディ・ウォッチ解説記事抜粋】
質を下げずに生産性高める増収対策とコスト削減活動の手順
病院改革の出発点はコスト削減、突破口開くたった3つの要点
病院のコストマネジメントを成功させる6か条

※そのほかの執筆(「メディ・ウォッチ」「メディ・ウォッチ・ジャーナル」の一覧)