手術室効率性カイゼン

こんなお悩みありませんか?

  • いつも忙しくて緊急手術に対応できず、予定手術も入れられない
  • 時間外の手術が多くて残業代などのコストがかさむ
  • 関係者の誰もが頑張っていて、問題点がどこにあるか分からない

サービスの特徴

  • 01.手術部門を上流に置いたリデザインと意思決定支援

  • 02.豊富なベンチマークデータに基づく定量分析

  • 03.院内の意見を吸い上げつつ、向かうべき方向を指し示す定性分析

サービス提供の対象

・コアメンバー:経営幹部、麻酔科、手術室看護師、手術室スタッフ
・サブメンバー:各部門長等・窓口担当:企画・医事部門

プログラムの目的

・手術症例件数向上
・手術部門体制や業務フロー見直し
・手術を上流に置くための外来機能の見直し
・データ分析やベンチマークによる手術室運営計画策定支援
・業務フロー整備による手術室体制支援
・各部門との連携・調整支援

サービスの流れ

STEP01

院内データとヒアリングで現状を把握し、問題点を明確化

STEP02

ベンチマーク分析を軸に目標を設定し改善を実行

STEP03

改善を一時的なものに終らせないために、質と効率をモニターし、常に把握できる手術部管理システムを構築

必要なデータ

手術台帳データ、紹介・逆紹介データ、DPC データ、外来レセプトデータ人員配置データ等(必要に応じて業務量データ)