戦略的集患 | データが軸の病院経営コンサルティング-グローバルヘルスコンサルティング

戦略的集患

収益アップの必須戦略である「集患」
紹介・入院・外来データをマッチングより効果的な戦略立案を構築

  • 地域連携(前方連携)
  • 外来適正化
  • 加算強化

どのような病院においても集患活動は大きなポイントになります。自病院の特徴を把握し、より効果的な前方連携活動を行うための適正なステップへ導くソリューションを提供します。①自病院の把握(入外の状況、立ち位置)、②紹介データと入院データのマッチングによる連携先との関係性確認、③効果的なターゲティングの選定と効果測定、という3つのステップで、効果的な集患活動を支援します。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 前方連携はやっているけど、成果につながらない
  • どのような分析が効果的なのか分からない
  • 紹介された結果をどう活かして良いのか分からない

解決

  • コンサルティングで培ってきた地域医療連携のノウハウを搭載
  • 紹介データ、入院データ、外来データとのマッチングで戦略立案
  • アクション計画、成果検証までのPDCAサイクルが可能に!

特徴① 戦略的集患ダッシュボード

俯瞰マップで、入院患者数、紹介件数、紹介から入院へ移行した症例、逆紹介のそれぞれの推移が一目で把握できます。
紹介 / 逆紹介、入院移行が連動して、入院症例数に結びついているので、どの部分が問題となっているのか、把握するためのスタート機能です。

特徴② 紹介元医療機関マップ

紹介データと入院データをマッチングし、①紹介件数、②入院移行率、③入院収益の3つの観点からそれぞれ3点、計9点満点でスコアリングした医療機関をマッピングし、営業ターゲットを選定します。より効果的な集患活動を行うために、どのような患者を紹介していただいたかを把握し、次の訪問のための戦略を立案していきます。

分析項目一例

入院状況分析自病院への経時的な入院状況と、患者分布を把握することができます。

外来分析自病院へ来院している患者のうち、外来患者の状況を可視化し、逆紹介による周辺医療機関との連携強化の検討が可能です。

マーケット分析二次医療圏における自病院や競合、市場を可視化し自病院の強みや弱みを把握し、将来的な戦略を立てられます。

地域連携分析自病院への紹介・逆紹介状況を可視化し、連携先の医療機関紹介データと自病院の入院データをマッチングさせ、戦略的に地域医療機関との連携を強化することができます。

入院支援状況分析入院患者に対して医学管理加算が算定できているかをチェックします。

  • 入院状況分析

    入院状況分析

    自病院の入院状況に関して、症例数、収益、一日単価などを分析することができます。またマッピングにより患者分布の把握ができます。概観から、自病院の目標とすべきKPIの設定や経年比較を簡単に行うことができます。

  • 外来分析

    外来分析

    外来状況を可視化します。診療科や疾患単位で可視化することができるため、単価分布等で連携医療機関へ逆紹介できないか検討することが可能です。

  • 地域連携分析

    地域連携分析

    紹介、逆紹介データと自病院の入院データを元に自病院と連携医療機関との状況を可視化します。疾患単位まで分析可能です。「各診療科」のどの「疾患」をどの「連携先」から集患すべきか戦略的集患戦略の要となる機能です。

  • マーケット分析

    マーケット分析

    自病院、競合、市場のマーケット状況の分析が可能です。マーケットから自病院の強み、弱みを明らかにし強化すべき診療科、疾患を明らかにします。

  • 入院支援状況分析

    入院支援状況分析

    集患と院内の入退院状況はセットとなります。集患を強化していくためには自病院における入退院状況を可視化し、適切に前方・後方連携ができているか把握することが可能です。

お問い合わせ
資料請求