PFM | データが軸の病院経営コンサルティング-グローバルヘルスコンサルティング

PFM

※近日リリース

入退院支援の課題を抽出
PFMが適切に機能しているかを確認
最適な課題対策を提案

  • PFM適正化

昨今、急速に広まっているPatient Flow Management(PFM)は、外来から入院、そして退院までの流れを適正化することで、患者さんの安心、医療の質向上、職員の負担軽減、病院の経営改善など、数多くの課題解決に役立ちます。「PFM適正化」で、PFMの取り組みが機能しているかを数値で評価・モニタリングすることで、結果につながるPFMを実現させます。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • PFMによる効果が確認できていない
  • PFMを進めていく上での目標が立てられない
  • PFM適正化に向けてさらに強化すべき項目がわからない

解決

  • PFMの効果を可視化
  • 実現可能な目標を設定できる
  • 強化すべきポイントを把握できる

PFM適正化の特徴

PFMの状況を数値で可視化することで、課題や取り組み効果のモニタリングが可能です。
各指標は、コンサルタントが厳選した項目です。経営層はもちろんのこと、PFM担当者も理解しやすい機能の提供で、より能動的な活動につなげることを目的としています。

分析項目一例

入退院支援状況コンサルタントが厳選した入退院支援に関する加算・指導料等のモニタリングやベンチマークが可能です。

外来状況外来件数や外来単価のモニタリングやベンチマークをすることができます。

手術稼働手術室単位・曜日単位までの詳細な稼働状況を把握することできます。

パス分析術前検査実施状況や在院日数コントロールなどが適正か否かの検討が可能です。

  • 入退院支援状況

    入退院支援状況

    入退院支援に関連する加算や指導料の算定状況を把握することが可能です。各項目でさらに詳細な分析も可能です。

  • 手術室稼働

    手術室稼働

    入院スケジュールを決める上で手術枠の調整は必須です。手術室の稼働を分析することで無駄のない入院調整が可能になります。

  • 在院日数検討

    在院日数検討

    看護必要度の視点から適切な在院日数の検討が可能です。
    疾患単位で推移を把握することで退院、転棟、転院のタイミングをルール化することが可能です。

お問い合わせ
資料請求