お知らせ

2022.02.10

「LEAP JOURNAL」2月号の配信開始!

「LEAP JOURNAL」2月号の配信を開始いたしました。

今月号のコンテンツは以下の通りです。


◆特集

病名登録から考える 適切なDPCコーディングと係数対策

『特集』記事を読む

 DPC制度では、主要診断群分類から手術・処置・定義副傷病等の有無に基づいて、約4,600のDPCコードが設定されています。このコード分岐判断の中で、特に注意が必要なのが副傷病を適切に拾い上げ、DPCコーディングに反映させることです。
 本特集では、この副傷病にスポットを当て、入院時併存症や入院後続発症等の病名付記と副傷病症例割合、さらには複雑性係数との関連を可視化し、その収益インパクトについて考察しました。


◆「病院ダッシュボードχ」ワンポイントレッスン

新サービス「自由分析」リリース 症例ダウンロード機能で分析が自由自在に

『病院ダッシュボードχワンポイントレッスン』を読む

STEP1:DLのボタンを理解しよう
STEP2:DLできる項目を理解しよう
STEP3:自由分析事例に試してみよう


◆5分で読める「診療報酬改定2022」注目ポイント

全貌見えた急性期医療の論点

『5分で読める「診療報酬改定2022」注目ポイント』を読む

医療現場の最前線で改善活動を推進し、厚労行政の今をウォッチし続けるコンサルタントたちが毎月、
5分でチェックすべき直近のニュースのポイントを解説します。



※※LEAP JOURNAL2月号はこちらから閲覧できます※※


LEAPジャーナルは、携帯電話でも閲覧することが可能です。移動中などのすき間時間を活用して、ぜひアクセスしてみてくださいね!


【「LEAP JOURNAL」とは】

「LEAP JOURNAL」は、
GHCの専門コンサルタントが責任編集する記事を、
ウェブ上の会員サイトもしくはPDFで閲覧できる情報サービスです。


メディカル・データ・ビジョン(MDV)とGHCが共同開発したDPC分析ソフト「EVE」、
GHCが独自開発した高度急性期病院の4割が導入する多機能型病院経営分析システム
「病院ダッシュボードχ(カイ)」のいずれかをご利用の病院のご担当者様であれば、
無料で一病院何人でも登録してご利用いただくことができます。


記事では、主に以下の3点の価値を得られます。
◆ベンチマーク分析での自院の立ち位置が確認できる
◆他院の状況が分かる
◆データ分析の専門家がデータ検証し、示唆が提示される


※※アクセス方法やアクセスに必要な情報がご不明の方はこちらをご参照ください※※

※※新規登録はこちらから※※