新「病院ダッシュボードχ」キャンペーン

コロナ危機の今こそ、
データに基づく経営の見直しを

コロナ特例がなくなっても、経営は成り立つのか――。

このような危機感を感じている病院の事務スタッフは、少なくありません。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う危機的な環境の中、政府の特例措置で何とか経営が成り立っている病院は多いです。ただ、コロナは「病床数は世界一だがすぐに逼迫」など日本の医療の課題をいくつもあぶり出し、医療提供体制の見直し機運が上昇。受診控えなど受療行動の変化も促し、コロナ前と同じ経営環境に戻るか、極めて不透明な情勢です。

コロナ収束後の不透明な時代を生き抜くためには、客観的なデータに基づく経営の見直しが欠かせません。コロナ危機の今こそ、地域における自病院の立ち位置をデータで再確認し、求められる医療を提供し続けるためには何が必要かを、データから読み解くべきなのです。

正しくデータ分析できれば、
改善すべき課題は必ず分かる

データ分析において、以下のようなお悩みはありませんか。1 つでも当てはまるようなら、お使いの分析ツールの見直しで劇的な改善が見込めるかもしれません。

  • 使い方や分析手法がよく分からず、あまり活用できていない
  • 課題の発見までに時間がかかり、まとまった分析時間を確保できない
  • 分析に必要なデータが院内に散在して準備に手間がかかる
  • すぐにでも加算最適化やコスト削減したいが優先順位が分からない
  • 欲しいデータに院内の誰もがアクセスできるようにしたい

新「病院ダッシュボードχ」なら
簡単・瞬時・詳細に貴院の課題を発見

課題抽出から個別症例分析までワンストップ分析

新「病院ダッシュボードχ」とは

簡単かつ瞬時に病院の経営状況を可視化するコンサルティングツール「病院ダッシュボードχ(カイ)」が生まれ変わりました。経営課題の抽出を得意としていた既存サービスに、症例単位の詳細な分析が可能な新サービス「症例Scope」を追加実装。これにより、病院の経営分析に必要な機能をすべてそろえたオールインワンのワンストップ分析が可能になりました。

新たに請求データとの差異を手間なく確認できるDPCコーディングチェック機能も搭載。手間なく簡単に加算・評価漏れを一覧できるこれまでの分析ツールにはなかった切り口の分析もできるようになりました。

病院経営「ベンチマーク分析」のパイオニア

「元祖DPC 分析」が開発

開発したグローバルヘルスコンサルティング・ジャパン(GHC)は、2004 年のDPC 制度スタート前から、国内で医療ビッグデータを活用した「ベンチマーク分析」による経営改善を実践。国内の病院経営におけるベンチマーク分析を広め、自他ともに「元祖DPC分析」と認めるパイオニアです。

パイオニアだからこその視点で、本当に必要な分析の機能をすべて網羅し、分析初心者でも簡単に使いこなせるユーザー・インターフェースにこだわり抜きました。

使用者を選ばず
圧倒的な成果を実現

私たちが開発したツールを活用してきた数多くのユーザーは、
設立母体や使用者に関わらず圧倒的な成果を出し続けてきました。

症例Scope
3つの特徴

特徴
01

症例単位の分析機能

気になる症例の日々の診療行為を可視化し、課題の原因を究明できます。

様々な条件での患者抽出に対応し、膨大な症例情報からターゲットを特定できます。

入院中の診療行為を日ごとにカレンダー形式に確認ができるため、原因特定までを数クリックで把握することができます。

特徴
02

DPCコーディング
チェック機能

DPC コーディングのチェックに対応。

請求データとの差異を手間なく確認できるコーディングチェック機能を搭載し、金額の差異、差異の理由など、医事業務に直結する機能で、データの精度向上、医事業務の効率化に役立ちます。

特徴
03

算定・評価漏れの一覧表示

「おすすめ加算」の各加算の算定率画面から、「算定できている症例」と「算定できていない症例」を一覧で出力することができます。

シグナル評価が良いもしくは悪い理由がどの症例にあるのか、原因特定までをシームレスに解決します。

無償トライアル期間中に
成果を出せるフォロー体制

導入前の個別解説・フォロー

「病院ダッシュボードχ」の無償トライアルをご利用の病院に限り、導入前の個別解説・フォローも行っています。貴院が抱えている課題や利用目的に併せて、当社の専門コンサルタントがベストな活用方法をご提案させていただきます。

コンサルが講師の無償セミナー

専門コンサルタントが講師を務める無償セミナーを開催し、お客様が「病院ダッシュボードχ」を使いこなしていただくための万全フォロー体制を設けています。

導入前は、製品の特徴を理解し、利用イメージを持っていただくためのミニセミナー(2021年6、7月)を開催。導入後も毎月開催される「病院経営データ分析塾」で、結果を出すための利用手順を多彩なテーマで解説します。

無償トライアル
実施概要

キャンペーン名

<期間限定・先着30病院>「病院ダッシュボードχ」無償トライアル

お申込み受付期間

2021年6月7日~2021年9月30日

対象

DPCデータの提出が可能な医療機関
※ベースパッケージとソリューションパッケージご契約中ユーザー様は、すでにサービス内で提供中のため、トライアルの対象外となります。

提出データ

種類:DPCデータ(様式1、入院EF統合ファイル、Hファイル、Dファイル ※様式1、入院EF統合ファイルのみでも一部機能を除きご利用いただけます)
期間:2020年1月~直近分(この期間あるいは期間内の任意のデータでもご利用いただけます)

トライアルご提供対象機能

「病院ダッシュボードχ」(ベースパッケージ+チーム医療Plus)(以下の各種サービス)

利用期間

利用開始日~1か月

「病院ダッシュボードχ」無償トライアル
ご利用手順

【Step1】
お申込み

本お申込みフォームより、必要事項を入力の上、お申込みをお願いいたします。

arrow01 arrow01_sp

【Step2】
お手続きのご案内

分析に必要なデータに関するお手続きをご案内いたします。

arrow01 arrow01_sp

【Step3】
データの提出

分析に必要なデータのご提出をお願いいたします。
オンライン提出用の匿名化・暗号化ツールをご用意しています。

arrow01 arrow01_sp

【Step4】
ご利用開始

閲覧用のキットをお送りいたします。
セットアップの上、WEB上から分析結果をご確認いただけます。

arrow01 arrow01_sp

【Step5】
個別説明

コンサルタントによる、分析結果のご説明を行います。
結果を見ながら今後の取り組むべきポイントについてアドバイスいたします。

使い方がわかる
無償ミニウェビナー

30分で「病院ダッシュボードχ」の使い方が分かる無償ミニウェビナーを開催中です。

以下のリンクから詳細を申込みページでご確認いただき、ぜひ、参加をご検討ください。

役立つ厳選資料3点を
無償プレゼント

新「病院ダッシュボードχ」の「何が変わったのか」が分かる解説資料、今回のリニューアルで新規追加されたサービス「症例Scope」を含めた製品パンフレット、無償トライアルの実施概要の3点資料を無償でプレゼントいたします。