コンサルタント紹介

コンサルティング部門、アソシエイトマネジャー

太田 衛

病床戦略、地域連携、DPC分析を得意とする。多数の医療機関のコンサルティングを行うほか、日本病院会が手がける出来高算定病院向け経営支援システム「JHAstis(ジャスティス)」の分析担当や「病院ダッシュボードΧ」の開発(関連記事『優先すべき集患の課題と対策を見える化、「地域連携分析」リリース』)も務める。新聞や雑誌の取材対応多数。

経歴

大阪大学大学院医学系研究科機能診断科学修士課程修了
大阪大学医学部発バイオベンチャー企業、クリニック事務長兼放射線・臨床検査部長を経て、GHC入社

保有資格

・診療放射線技師
・第一種放射線取扱主任者

取り組み事例

・りんくう総合医療センター:経営改善支援・DPC診療科別検討会
 (関連記事『「患者のため」軸に手術日さえ動かす患者サポートセンター』)
・伊勢赤十字病院:診療科パスアセスメント、材料コスト削減
 (関連記事『わずか1年で収支改善し黒字転換へ、 「経営改善なくして急性期は守れない」』)
京都中部総合医療センター:集患・地域連携、地域医療構想下の病床機能戦略
 (関連記事『「地域医療支援病院」認定を決めた「驚異の4か月」舞台裏』)
・公的病院(400床台、関東):病床戦略策定・機能分化実行支援
・民間病院(100床台、近畿):DPC診療科別検討会

【取材協力・寄稿・執筆】
・特集「病院が消える」(「週刊東洋経済」2019年2月4日号「東洋経済オンライン」2019年2月5日配信
全国123急性期病院の85%がGW中に一部診療へ、10連休の病院は9%(「産経新聞」2019年1月31日、※2月28日放映の名古屋テレビ放送「ドデスカ!」でも分析結果を引用
・医療の質を下げずに委託コストを年間500万円削減(「月刊 保険診療」2017年10月号
・連載「加算算定漏れゼロへ 出来高病院の経営分析入門」(「日本病院会ニュース」
病院職員の生産性が確実に向上するデータ活用術、日病が経営分析勉強会を開催

※そのほかの執筆(「メディ・ウォッチ」「メディ・ウォッチ・ジャーナル」の一覧)