PFM(入院サポートセンター開設支援など)

PFMとは

pfm01

PFM(Patient Flow Management)は、急性期病院の経営者の間で最も注目されているトピックの一つです。病院の経営環境が厳しさを増していることが背景にあります。急性期病院は現在、今まで以上に平均在院日数を短縮し、同時に病床稼働率を上げなければ、経営が成り立たなくなりつつあります。

PFMは、患者の情報を入院前もしくは適切なタイミングで把握し、患者に対して適切な医療提供体制を整え、病床の管理や職員の連携を合理的に行うことを目的とする病院内の組織またはその仕組みのことを指します。

なぜ、PFMにコンサルティングが必要なのか

pfm02

PFMの推進は、外来から入院、手術後の退院までをつなぐハブとなる「入院サポートセンター」などを開設する手法が一般的です。さまざまな部署の関係者が参加する組織横断的なプロジェクトになるため、組織内での調整や根回しに相当な労力を割きます。

また、仕組みとしてはできたものの、しっかりと機能せず、形骸化しているPFMの推進事例は多数見受けれます。外部の第三者による実効性のあるPFMの推進が欠かせません。

当社のPFMコンサルティングの強み

pfm03

わたしたちは、実効性のあるPFM推進のため、データ分析に基づき、実績とノウハウに裏打ちされた最も効率的な入院医療の仕組みと体制を構築します。

医療現場のスタッフの業務負担軽減はもちろん、医療の質向上の視点もしっかりと踏まえたご提案ができるのが、専門コンサルティング会社であるわたしたちの強みです。PFMに特化したデータ分析サービスもご提供します。

当社のPFMコンサルティングの特徴

特徴 01

最適な入院医療の仕組みと体制をご提案
pfm04

病院経営の専門コンサルタントが、確かな実績と培われたノウハウに基づき、最適な入院医療の仕組みと体制をご提案します。業務負担を軽減するとともに、入院収益の最大化を実現できる高回転モデルを目指すためには、現状を可視化し、あるべき姿を示すためのデータ分析が欠かせません。

特徴 02

医療の質向上を前提としたご支援
pfm05

入院医療の効率化を目指せるPFMは、入院前のリスク管理の強化などで医療安全の観点からも望ましい取り組みです。医療の現場を知る専門家がコンサルティングをすることで、PFM導入による医療の質向上も期待できます。

特徴 03

PFMに特化した分析サービス
pfm06

PFM導入コンサルティングのノウハウを凝縮したデータ分析サービスを、「病院ダッシュボードχ」のソリューション別プラン「PFMソリューション」でご提供します。PFMの運用をモニタリングするツールとしてもご活用いただけます。

お取引実績

PFM開設までの流れと期間

具体的な成果

こんなお悩みがある方はご連絡ください!

お悩み

  • 予定入院のマネジメントをしたい
  • 術前の手術中止をなくしたい
  • 医師および看護師の業務負担を減らしたい
arrow01 arrow01_sp

解決策

  • 病院内の状況に合わせて、外来から入院、そして退院後の仕組みまでを構築
  • 入院前リスク管理、入院前業務の効率化を実現
  • 病棟業務負担軽減を図り、土日入院稼働の増加を実現

他のサービスも見る