「紹介受診重点医療機関」基準に関するクイック分析「外来機能報告支援サービス」

全国800 病院の医療ビックデータを分析する当社が、
外来機能報告制度のデータ分析部分をご支援させていただきます。

外来機能報告制度を
「病院の未来」を考えるきっかけに

「外来機能報告制度」(詳細は右図あるいはこちら)を単なる報告義務だと思いこんでいませんか? 我々は、「外来機能報告は病院の未来を考えるきっかけになる」と考えています。


医療資源を重点的に活用する外来の実施割合をデータでしっかりと検証した上で、病院のブランディングと収益向上にも寄与する「紹介受診重点医療機関」に貴院が名乗りをあげるか否かを決めることは、貴院の進むべき方向性を大きく変えます。この機会に病院の未来について、納得のいくまで議論すべきです。

データ分析ではなく
未来の意思決定にこそ貴重な時間を

ただ、「紹介受診重点医療機関」に名乗りをあげる否か、それを判断するためのデータ検証には手間も時間もかかります。また、データはあくまで意思決定の判断材料の一つです。たとえデータが基準を満たしていても、「それが一時的なものなのか」「機能転換等による恒常的なものなのか」を見極め、丁寧に検討する必要があります。


しかも、報告すべきデータは実質1、2 か月で検証しなければならないスケジュールになっています。データ検証から意思決定までを、すべて院内の担当者でやり切るには時間も労力もかかります。本来であれば、データ検証には時間をかけず、意思決定に向けた議論にこそ時間を割くべきです。

高精度なデータ検証
手間なし、最短で3営業日以内の納品
※申込み状況によって診断期間が長引くこともあります

当社の「外来機能報告支援サービス」をご利用いただければ、意思決定に向けた議論をすぐに始めることができます。

全国800 病院の医療ビッグデータを分析する当社のコンサルタントが、外来機能報告制度のポイントを十二分に理解した上で、貴院の意思決定に必要なデータ検証を支援します。

無償版紹介重点医療機関入院診療加算の算定基準に加え、報告内容とされる、重点外来実施状況の詳細もご提供。

無償版サンプル

有償版有償版では、さらに外来指導料、管理料、加算の算定状況を分析。詳細分析では、算定率ベンチマークや加算漏れ分析を実施。

有償版サンプル

「外来機能報告支援サービス」申し込み後の流れと期間

  • お申込み

    STEP.01▼

    必要事項を入力の上、

    お申し込みください

  • お手続きの
    ご案内

    STEP.02▼

    データ提出に関するお手続きのご案内

    分析に必要なデータに関するお手続きをご案内いたします

  • データ
    提出

    STEP.03▼

    ・外来EF データ 

    ・様式1

    ・入院EF データ

    ※期間:2021 年1 月~ 2022 年3 月の15 か月分

  • 納品
    (最短3営業日
    以内)

    STEP.04▼

    意思決定に必要十分な貴院の現状が可視化された

    データをお届け

貴院はデータ検証に必要なデータを当社に提出するだけで、最短で3営業日以内、データ検証の結果を手にすることができます。サービスをご利用いただく病院は、秋口の厚生労働省からの報告依頼を待たず、今すぐ、自病院が「紹介受診重点医療機関」に手あげすべきかの議論を始められます。

まずは、無料資料をご確認ください

今なら上記の「外来機能報告支援サービス」を無償でご提供しておりますので、この機会にぜひとも、同サービスの導入をご検討ください。※外来加算分析に関する有償プラン(10万円税抜)もあり
まずは、当サービスに関する無料資料をダウンロードいただき、分析サンプルなどをご確認ください。