チーム医療向上(加算・生産性向上)

こんなお悩みありませんか?

  • コメディカル部門(特に看護部、リハビリテーション部、薬剤部、栄養部)、事務部門の生産性向上を図りたい
  • チーム医療の質を向上させたい
  • 各部門の経営意識を醸成したい

サービスの特徴

  • 01.加算/ 指導料の算定件数向上支援

  • 02.各部門の業務を可視化し、効率化を図る

  • 03.各部門スタッフの経営意識醸成

サービス提供の対象

・コアメンバー:経営幹部(院長、副院長、事務長)
・サブメンバー:部門長(各部門長、主任) ・窓口担当:経営企画部門

プログラムの目的

人件費が医業費用の半分以上を占める病院経営において、各部門スタッフのの生産性を向上させることは重要な経営課題の一つです。また、チーム医療を充実させることは、医療の質向上にも直結します。しかしながら、「多忙」や「人員不足」といった理由で改善が進まない施設も多いのではないでしょうか。当プログラムでは、現場に精通したコンサルタントの評価をもとに、「意識向上」・「知識補充」・「仕組み作り」の点から、チーム医療を担う部門の生産性向上(増収と業務効率化)を支援します。

サービスの流れ

STEP01

GHC による現状分析、課題抽出

・対象加算/ 指導料のベンチマークや生産性分析により分析対象部門の現状を可視化
・チーム医療向上に向けた課題を抽出

STEP02

改善策の立案、提案

・部門別ミーティングを開催
・課題に対するソリューション立案し、「意識・知識・仕組み作り」の視点で提案
・各職種の適正人数算出
・各部門スタッフの経営意識醸成

STEP03

(必要に応じて)実行支援

・必要な場合は実行支援で確実なアクションをサポート

必要なデータ

DPC データ(必要に応じて業務量データ)、部門別職員数データ