コンサルタント紹介

コンサルティング部門、アソシエイトマネジャー

中村 伸太郎

DPC分析、財務分析、事業戦略立案、看護必要度分析、リハ分析、病床戦略検討などを得意とし、全国の医療機関における複数の改善プロジェクトに従事。入退院サポートセンター開設支援、病院再編・統合、病院職員の生産性向上など社内の新規事業プロジェクトを担当する。

経歴

東京工業大学 大学院 理工学研究科 材料工学専攻 修士課程卒業
病院コンサルティング会社で約7年勤務後、診療所向けコンサルティング会社を経て、GHC入社

取り組み事例

・済生会滋賀県病院:病院統合再編、医療介護連携支援
 (関連記事『再建断念された赤字病院をわずか3か月で黒字転換、公的・公立病院の再編・統合の舞台裏』)
・関東中央病院:チーム医療向上・病床管理・集患・地域連携・DPC別診療科検討
 (関連記事『「改善風土」根付き黒字転換 全員参加を実現、“徹底分析型”経営戦略会議』)
・公立病院(200床台、甲信・北陸) :病院統合再編支援、病床戦略、集患、加算等強化など
・民間病院(600床台、関東) :PFM実行支援、病床管理、人材育成など

※そのほかの執筆(「リープ・ジャーナル」の一覧)

【寄稿・執筆】
リープ・ジャーナル ※2019年1月~2020年1月までの執筆テーマのみ掲載
効果的に病棟運営できていますか? ~新機能:病床機能管理分析~(「リープ・ジャーナル」2019年11月号)
病床機能の最適化②~地域包括ケア病床~(「リープ・ジャーナル」2019年9月号)
1割の病院が年間600万円以上の減算!? ~外泊から考える「自院の本当の姿」とは~(「リープ・ジャーナル」2019年4月号)