診療科パスアセスメント

こんなお悩みありませんか?

  • クリニカルパスを見直したい
  • 質を落とさずに医療の標準化・効率化を行いたい
  • 診療科別に多職種で意見交換し、経営意識を高めたい

サービスの特徴

  • 01.用途に応じたクリニカルパスの作成支援

  • 02.他病院比較することで医療の質・経営的インパクトの両視点から評価

  • 03.多職種での議論によるスタッフの経営意識醸成

サービス提供の対象

・コアメンバー:経営幹部(院長、副院長、事務長、看護部長、リハビリテーション部門長、
看護部副部長)
・サブメンバー:部門長(診療科部長、センター長)
・窓口担当:経営企画部門

プログラムの目的

DPC 環境下、質を落とさずに医療の標準化・効率化を図るために重要なツールが「クリニカルパス」です。クリニカルパスは多くの病院で作成されていますが、ともすると作成しただけで満足しがちです。これからの時代に求められるクリニカルパスは、医療の質と経営的なインパクトの両面を考慮し、客観的に評価されたものでなくてはなりません。
当プログラムでは、DPC に対応したクリニカルパス提案を通して、医療の標準化・効率化、職員の経営意識醸成を支援します。

サービスの流れ

STEP01

GHCによるパス分析

・改善インパクトの大きい疾患を2~3選択
・DPC対応の視点で詳細分析を実施し、在院日数を適正化
・DPC包括医療資源の適正化
・出来高項目の充実、コーディング精度向上

STEP02

診療科ヒアリングの実施

・診療科医師、病棟スタッフ、事務職員が参加
・分析結果に基づく医療と経営の質改善策を提案
・意見交換によりスタッフの経営意識を醸成する

STEP03

成果検証

・診療科ヒアリング前後の変化を分析
・改善による経営改善金額を算出

必要なデータ

DPC データ