集患・地域連携

こんなお悩みありませんか?

  • 患者数が減少傾向にあるので、増やしたい
  • 地域の医療機関との連携が取りたい
  • 地域連携室が多忙で機能していない

サービスの特徴

  • 01.ストラクチャー、プロセス、アウトカムの3 つ の視点で評価

  • 02.三者(貴院、地域医療機関、患者)の win-win 関係を構築

  • 03.院内調整や具体的なアクションもサポート

サービス提供の対象

・コアメンバー:経営幹部(院長、副院長、事務長、看護部長)、地域連携室
・サブメンバー:部門長(診療科部長、看護部副部長)、医事課・窓口担当:経営企画部門

プログラムの目的

各医療機関が置かれた環境に応じて、増患を目指した地域連携部門の体制や業務フォロー構築、逆紹介による外来機能の見直しを支援します。データに基づく戦略的なプラン策定や、診療部門との連携・調整も行います。

サービスの流れ

STEP01

公開データ及び院内データを使い現状を可視化。他病院の状況を踏まえた選択肢を提示

STEP02

院内組織体制及び院内オペレーションの構築

STEP03

地域医療期間内での情報の共有化

STEP04

医師の理解・実践促進

STEP05

改善サイクルの仕組化とその維持

必要なデータ

紹介・逆紹介データ、DPC データ、外来レセプトデータ等