イベント

セミナー

【Webセミナー】~地域医療構想下~ 急性期病院にとって「高度急性期」とは何か!

【Webセミナー】~地域医療構想下~ 急性期病院にとって「高度急性期」とは何か!


本セミナーにつきましては、Webセミナーとなります。
通常の集合型研修とは異なりますのでご注意ください。

【お申込済みの皆様へ】
5/27に当日アクセス先などのご案内メールをお送りします。


イベント概要

テーマ

 「病院大再編」を促すと見られる「地域医療構想」。
地域における自病院の将来のあり方や立ち位置を、すでに検討した、あるいは現在検討中、まだ検討すらしていない――。
貴院は現在、どのような状況でしょうか。その中で病床稼働率は低迷していませんか。

 本セミナーのテーマは大きく2つです。

一つは高度急性期ユニット(ICUなど)。
たった1床の稼働増減で数千万円の収益を左右する高度急性期ユニットについて、問題意識を持っている経営者は少なくないのではないでしょうか。
ユニットの稼働状況の可視化、そして他病院ではどの様な疾患をどの様に運営しているのか、自病院に参考にできるのか、を実証分析を踏まえて講演します。
5月に、弊社が扱う病院ダッシュボードχにおいて高度急性期ユニットの問題解決をする分析がリリースになります。
その分析も取り入れて明日から改善できる提案を行います。
 
二つ目は係数。
DPC特定病院群(旧Ⅱ群)になった、維持した、ならなかった…と狙っている病院は数多くあります。
基礎係数の対策と機能評価係数Ⅱの対策は非常に近いものがあります。
具体的なアクションを取るためにはどの様にすべきか、在院日数を減らす手順は、しかし、稼働も気になってしまう…
その様なⅡ群屋と呼ばれたコンサルタントが実体験を踏まえて講演します。

本セミナーでは、病院改革の実行支援において経験豊富なGHCコンサルタントが、理事長・院長・副院長・事務長・実務を担う責任者の方々に向けて具体的なアドバイスを行います。
GHCコンサルタントによる具体的なアドバイスにより、セミナーの中で、速攻かつ効果的な高度急性期の戦略を進めるためのカギが明確に分かります。

開催日

2020年5月29日(金)
[10時の部]・・・10:00~12:00
[15時の部]・・・15:00~17:00
  ※どちらの時間帯も、内容は同じものとなります。

会場

Webセミナー(リアルタイム型)
※開催日時に、専用のURLよりアクセス/ご参加頂く形式です。
※専用URLは、事前にお申込頂いたメールアドレス宛にお送りします。

プログラム(予定)

【講演】
・ユニット(ICU、HCUなど)の稼働確保はできているか?
 - 対象疾患は明確か?
 - 在棟日数は適正か?
・「高度急性期」たる係数の対策はできているか?
 - DPC特定病院群(旧Ⅱ群)の重要指標である基礎係数の対策は?
 - 通信簿「機能評価係数Ⅱ」は対応できているか?
 - 新制度のシミュレーションからの対応は大丈夫か?
 - 在院日数減少に伴う稼働対策はどうするのか?(集患)

【その他】
・リアルタイムアンケート
・講演内容についての質疑対応

対象

◆対象
急性期病院経営関係者(理事長・院長・副院長・看護部長・事務長など)
※上記以外の方、並びに競合製品/サービス取り扱い企業様のお申込みにつきましては、
 ご参加をお断りさせて頂くことがございます。予めご了承ください。

参加費

■無料

動作環境(抜粋)
Windows® Mac®
OS Windows®10
Windows®8、8.1
Windows®7
Mac OS® X 10.4以上
ブラウザ Google Chrome 最新版
※ Internet ExplorerやFirefox, Safariなどではご覧頂けませんのでご注意ください。

※ご利用のパソコンやネットワーク、セキュリティなどの環境によっては、閲覧できない場合もございます。
 その他、詳細な推奨環境につきましては、https://www.cocripo.co.jp/systemをご覧ください。





お申し込み

受付終了しました。