地域医療構想下の病床機能戦略

こんなお悩みありませんか?

  • 自院に対する地域のニーズを知りたい
  • 将来、自院が目指すべき方向性を明確にしたい
  • 国が目指している医療提供体制が不透明で不安だ

サービスの特徴

  • 01.DPC、財務、地域連携、公開データを用いた 正確な現状分析

  • 02.院内の意見を吸い上げつつ、向かうべき方向を 指し示すヒアリング

  • 03.最善の選択肢提示と緻密なシミュレーションに よる決定支援

サービス提供の対象

・コアメンバー: 経営幹部( 院長、副院長、事務長、看護部長、リハビリテーション部門長、看護部副部長)
・サブメンバー: 部門長( 診療科部長、センター長)・窓口担当: 経営企画部門

プログラムの目的

地域ニーズと他病院の関係性から自病院が果たすべき役割を明確化し、病床戦略の方向性を打ち出すことで院内モチベーションの維持、経営改善につなげていきます。

サービスの流れ

STEP01

公開データ及び院内データを使い現状を可視化

STEP02

データ分析とヒアリングで、詳細に現状を把握

STEP03

他病院の状況を踏まえた選択肢を提示

STEP04

病床戦略の決定支援

STEP05

選択した病床戦略での運用支援

必要なデータ

DPC データ、財務データ、職員数・給与データ、地域連携データ、手術台帳データ、外来EF レセプトデータ、実稼働データ、救急搬送データ、看護必要度データ等