病床機能管理 | データが軸の病院経営コンサルティング-グローバルヘルスコンサルティング

病床機能管理

地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション
病棟の使用状況を可視化
他院との比較による、適正運用検討とモニタリングを可能に

  • 病床機能の適正化
  • 病床管理
  • パス適正化
  • 地域連携(前方、後方)

「病床機能管理」では、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟について、自院の運用状況の可視化や、他院の運用方法の把握ができるようになりました。病床機能の適正化が求められる中、保有機能を最大限有効活用するために欠かすことのできないモニタリングやベンチマーク分析を効率よく効果的に実施することが可能です(※出来高病院もDPCデータをご提出いただければ通常通りにサービスをご利用いただけます)。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 機能分化をしたが、稼働率が思うように上がらない
  • 運用方法検討にあたり、他院の運用状況を知りたい
  • 保有機能を最大限活用できているかわからない

解決

  • 現状可視化により問題点を抽出
  • 他院の運用状況と比較ができる
  • シミュレーションによる最大活用

病床機能管理の特徴

地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟の運用状況を可視化・他院と比較することで最適な活用方法が検討可能です。
運用ルールを決める上で有用な、他院の運用方法を知ることができるため具体的な対策の策定に役立てることができます。

分析項目一例

ベンチマーク分析転棟タイミングや在棟日数などを他院と比較することで、運用ルールの改善ができます

詳細分析DPC外病棟への直接入院割合、転棟率、転棟タイミングなどを疾患ごとに他病院と比較できます。

重症指標詳細分析各病棟でモニタリングすべき指標を簡単に出すことができます。

入院料シミュレーション急性期病棟とそれ以外の病棟で、どちらが収益性が高いのか比較することができます。

  • 在棟日数分析

    在棟日数分析

    疾患別に在棟日数が他院と比較し適正か確認することが可能です。同様に、転棟タイミングについても分析が可能です。

  • 直接入院分析

    直接入院分析

    他院は各病棟にどのような疾患を直接入院させているのかを確認することが可能です。受入疾患の検討に有用です。

  • 入院料シミュレーション

    入院料シミュレーション

    転棟タイミングやリハビリ単位数などを考慮した上で、収益的に最適な転棟タイミングをシミュレーションすることができます。

お問い合わせ
資料請求