マーケット分析

3C分析で市場の今と変化を正確に理解し、
効果的で効率的な集患を支える地域連携へ

  • 病床機能適正化
  • 地域連携(前方・後方)・退院支援
  • PFM(検査・画像外来シフト含)
  • 生産性向上

経営戦略を考えるにあたっては、マーケットのニーズ、医療圏における自病院のポジションを客観的に把握することが必須です。マーケットサイズ、疾患別・領域別シェアの経年変化、競合病院の動向を把握していますか?「3C分析」では、マーケットの動向を経営的な視点から可視化し、地域医療における競争優位性の確立を支援します。
また、最も重要な集患戦略である地域連携。貴院では最適化されていますでしょうか。「地域連携分析」では、自病院のデータを軸に、周辺の医療機関との関係性をデータで可視化。改善すべきアクションを、「着眼点」「優先順位」「ベンチマーク分析」「営業支援」の大きく4 つのフェーズに分けてご提案させていただきます。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 自病院の強みの疾患や診療科が分からない
  • 前方連携を強化すべき病医院の優位順位が分からない
  • 入院患者がどこの医療圏から通院しているかを把握できていない
  • 連携強化の手法、手順が分からない
  • 地域連携のため外回りする時間がない
  • 連携状況や目標設定が適切か知りたい

解決

  • 自病院の強み、弱みも含め、一目で現状を把握
  • マーケットの経年変化を可視化
  • マーケティングの観点から改善点を提示
  • 連携状況を可視化、改善ポイントが把握できる
  • コンサル視点で優先順位を明確化、効率的な営業へ
  • ベンチマーク分析で最適な改善活動を支援

特徴① 3C分析

マーケット分析

 自病院に入院した症例は、どの居住区なのか、診療科によりバラつきはないか、経年で変化はないか―。自病院(Company)はもちろん、ライバル病院(Competitor)の症例数やその経年変化をビジュアル的に理解することで、マーケットとする市場(Customer)における自病院の強みや弱みを瞬時に把握することができます。

特徴② 地域連携分析

地域連携分析

 地域連携分析では、「着眼点」「優先順位」「ベンチマーク分析」「営業支援」などのフェーズで改善ポイントを示すことができます。地域連携担当者はこの情報さえ把握しておけば、実践的で効果的な地位連携に向けた営業活動を展開することができます。

分析項目一例

患者エリア分析自病院に入院した症例はどこか、視覚化することにより次への行動が可能となります。

競合概観情報厚労省の公開データを用いて、SWOT 分析を行います。

市場分析疾患単位にて、自病院、他病院の症例数経年変化が分かります。

紹介件数分析自院の紹介患者の受け入れ状況を可視化し、全体感を把握することができます。

スコア分析周辺の医療機関との関係性の深さをスコア化し、連携強化に向けた優先順位を可視化します。

営業支援周辺の医療機関ごとに紹介件数の増減や原因がどの診療科によるものかを確認できます。

  • 患者エリア分析

    患者エリア分析

    自病院に入院した症例の居住区を把握し、自病院の戦略エリアを検討、進捗確認を行います。

  • 競合概観情報

    競合概観情報

    競合病院との位置を把握し、自病院はどの領域が優れ、また課題となるか、SWOT 分析を行います。

  • 市場分析

    市場分析

    疾患単位で自病院と他病院の経年変化を把握できます。

  • 紹介件数分析

    紹介件数分析

    自病院の紹介患者の受入状況を可視化し、全体感を把握できます。

  • スコア分析

    スコア分析

    地域連携を強化すべき医療機関を独自指標でスコア化し、アクションの優先順位が分かります。

  • 営業支援

    営業支援

    周辺の医療機関ごとに、紹介件数の増減や、その原因がどの診療科によるものかを確認できます。優先順位が分かるスコア分析や競合との状況を比較できるベンチマーク分析と組み合わせることで、今アプローチすべき具体的な連携先を決定できます。

お問い合わせ
資料請求