地域連携分析 | データが軸の病院経営コンサルティング-グローバルヘルスコンサルティング

地域連携分析

紹介・逆紹介データで現状を瞬時に可視化
競合病院との差別化をはかり
効果的で効率的に集患できる「戦略的地域連携」へ

  • 病床機能適正化
  • 地域連携(前方・後方)・退院支援
  • PFM(検査・画像外来シフト含)
  • 生産性向上

最も重要な集患戦略である地域連携。貴院では最適化されていますか。「地域連携分析」では、自病院のデータを軸に、周辺の医療機関との関係性をデータで可視化。改善すべきアクションを、「着眼点」「優先順位」「ベンチマーク分析」「営業支援」の大きく4つのフェーズに分けてご提案させていただきます(※出来高病院もDPCデータをご提出いただければ通常通りにサービスをご利用いただけます)。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • 前方連携を強化すべき病医院の優位順位が分からない
  • 連携強化の手法、手順が分からない
  • 地域連携のため外回りする時間がない
  • 連携状況や目標設定が適切か知りたい

解決

  • 連携状況を可視化、改善ポイントが把握できる
  • コンサル視点で優先順位を明確化、効率的な営業へ
  • ベンチマーク分析で最適な改善活動を支援

特徴① 紹介・逆紹介

紹介・逆紹介

紹介データ・逆紹介データを使用し、現状を瞬時に可視化。
また、DPCデータとの連動によって、入院とのつながりなどこれまで見えにくかった情報を把握することができます。改善ポイントを把握し、優先順位を明確化することができます。分析の手間を省き、より効率的・効果的な地域連携戦略をご支援いたします。

特徴② ベンチマーク

ベンチマーク

100病院超とベンチマークできる唯一の地域連携分析システム。(※)
紹介・逆紹介のさまざまな指標をベンチマークすることができます。他病院と比較することで、自病院の立ち位置を確認でき、自病院の評価だけではなく、今後の自病院が目指すべき目標を設定するうえでも有効です。※2019年、当社調べ

分析項目一例

紹介分析自病院の紹介患者の受け入れ状況を可視化し、件数や収益への貢献度合いを分析します。

逆紹介分析紹介元へしっかりと患者を戻せているか、逆紹介の状況を分析することができます。

詳細分析施設別・医師別・診療科別・疾患別などの複数の視点での分析が可能です。

スコア分析紹介元・紹介先施設を、自院との関わり度合いでスコア化。スコア化した施設を地図上へマッピングします。

前方連携支援医療機関ごとに、紹介件数の増減や原因がどの診療科なのかを確認できます。

施設別分析票実際に医療機関に訪問する際の分析シートをご用意。自院と医療機関との連携度合いを1シートにまとめています。

  • 紹介分析

    紹介分析

    自病院の紹介状況を可視化し、全体感を把握します。

  • 逆紹介分析

    逆紹介分析

    逆紹介データによる、逆紹介分析に加えて、DPCデータを用いた診療情報提供料の算定状況も分析が可能。

  • 詳細分析

    詳細分析

    紹介・逆紹介を、施設別・医師別・診療科別・疾患別に詳しく分析することで、原因の特定や今後の戦略策定に活用できます。

  • スコア分析

    スコア分析

    地域連携を強化すべき医療機関を独自指標(件数、入院移行状況、収益貢献度など)の関わり度合いでスコア化し、アクションの優先順位が分かります。

  • 前方連携支援

    前方連携支援

    周辺の医療機関ごとに、紹介件数の増減や、その原因がどの診療科によるものかを確認できます。優先順位が分かるスコア分析や競合との状況を比較できるベンチマーク分析と組み合わせることで、今アプローチすべき具体的な連携先を決定できます。

  • 施設別分析票

    施設別分析票

    施設別に、「紹介件数」「逆紹介件数」を分析し、個票出力。施設への訪問時に、そのまま使える分析シートです。