DPC分析 | データが軸の病院経営コンサルティング-グローバルヘルスコンサルティング

DPC分析

他病院とのベンチマークをもとに、要改善コードを可視化
改善ポイントと優先順位をシグナル表示
経年比較することで改善成果の確認も可能

  • 病床機能適正化
  • 外来機能適正化
  • 病床管理
  • パス標準化
  • 医療材料
  • 生産性向上
  • 急性期度向上(係数Ⅱ、基礎)
  • 手術部効率化
  • 地域連携(前方・後方)・退院支援
  • PFM(検査・画像外来シフト含)
  • 加算強化

改善の第一歩は、現状を客観的に把握することですが、実際に改善を実現するには、分析結果をアクションにつなげることが必要不可欠です。「DPC(診療)機能」では、①改善が必要なコード(=他病院との乖離が大きいコード)を探す、②該当コードの概況、経年変化を見る、③改善手順を表示するという3ステップで、診療の効率化、標準化を実現します。DPC制度の根幹である、係数や医療資源・在院日数のコントロールについて、さまざまな分析機能で対策ができます。

こんなお悩みありませんか?

課題

  • パスの分析に苦労していませんか?
  • 分析したデータを他病院とベンチマーク(比較)していますか?
  • 疾病別に自院の改善ポイントを把握していますか?
  • 会議用の資料作成に時間をかけていませんか?

解決

  • 国内700 病院以上とのベンチマーク分析で、自病院のポジションを表示
  • 1500件以上のコンサルティング実績に基づく改善手順を提示
  • 感覚的な操作で、分析にかかる時間、負担を軽減!

特徴① DPC分析

俯瞰マップで、全体感を把握、パス分析では、各パスを詳細に分析できます。経年比較だけではなく、多様な条件(病床規模、経営母体、群別、厚生局など)でのベンチマークによって、さまざまな目的の分析に対応します。コンサルノウハウを凝縮した分析の視点と、改善点が一目でわかるデザインで、誰でもすぐに分析をスタートできます。

特徴② 係数分析

医療機関別係数について、基礎係数・機能評価係数Ⅰ・機能評価係数Ⅱの分析をご用意しています。自院の結果だけではなく、他院との比較を行うことで、明確な目標設定ができ、優先順位をつけて効率的に分析ができます。改善ポイントの発見から改善の効果検証まで、PDCAサイクルを後押しいたします。

分析項目一例

DPC 俯瞰マップ入院医療のKPI を俯瞰的に、自病院経年比較、ベンチマーク分析を行うことが可能です。

重要指標分析主要8指標を、帳票形式で表示できる分析機能。このまま経営会議もお使いいただけます。

DPC パス分析パスを分析する上での各指標をベンチマーク。他院との違いが一目瞭然です。

基礎係数分析DPC特定病院群の要件で重要となる実施要件1、3の進捗管理を行い、優先順位を付けて改善することが可能です。

機能評価係数Ⅱ分析各項目をベンチマークだけではなく、具体的な優先順位を付けて改善することが可能です。

生産性分析医師・看護師の生産性を可視化。自院の人員配置が適正か、評価します。

  • DPC 俯瞰マップ

    DPC 俯瞰マップ

    DPC俯瞰マップではKPIとなる症例数、1日単価、期間Ⅱ越(超)割合、医療資源、手術単価、緊急入院割合が、自病院の経年比較、他病院とのベンチマークにて可視化しています。

  • 重要指標分析

    重要指標分析

    前月比較・前年度比較がしやすい帳票機能を搭載。報告時に使いやすい帳票形式で、このまま経営会議などの会議資料や報告資料としての活用も可能です。

  • パス分析

    パス分析

    在院日数や、医療資源、加算など、疾患別、DPC別、手術別に、細かく分析することができ、改善ポイントの発見から原因の特定までを導きます。

  • 基礎係数分析

    基礎係数分析

    実施機要件1、実績要件3を詳細に分析できます。自院の現状だけではなく、経年比較、他院とのベンチマークや、シミュレーション機能を搭載しているので、効果検証や、今後の戦略策定時の優先度付けにも有効です。

  • 機能評価係数ⅠⅡ分析

    機能評価係数ⅠⅡ分析

    病院ダッシュボードχの新機能。今後、重要性が高まる係数を向上させるために、ベンチマークで目標と進捗をはかることで、効率的に改善を進めることが可能です。係数ごとにオリジナルの分析機能を搭載しています。

  • 生産性分析

    生産性分析

    医師と看護師の生産性を収益の面から可視化していきます。他病院とのベンチマークをすることで、自院の人員構成が適切かを比較することができます。

お問い合わせ
資料請求